完全ワイヤレスなイヤホン「Zolo Liberty」トレーニング用のイヤホンとして使える!?

ZOLO Liberty

あなたはトレーニング中に音楽を聞いていますか?トレーニング中に音楽を聞いている方の殆どが、イヤホンやヘッドホンを使われていると思います。

以前トレーニング用にオススメのイヤホンとして、Bluetooth対応のSound PEATSのQ12を紹介しました。Bluetooth対応のイヤホンなのに、値段が安くトレーニング用としてもオススメできるイヤホンでした。

(Sound PEATS Q12の詳しい内容については、コチラの記事を参照してください)

SoundPEATSのBluetoothワイヤレスイヤホン「Q12」、筋トレ用のイヤホンに絶対オススメ!

2017.03.07

ただ、コードがあるタイプのイヤホンをトレーニング中に使っていると、どうしてもコードが邪魔になりストレスを感じる時があります。

そんな時にオススメしたいのが、最近話題の完全ワイヤレスイヤホンです。

完全ワイヤレスイヤホンは、コードが完全にないタイプのイヤホンとなっているので、トレーニング中に使用してもストレスを感じることがありません。

今回は、その完全ワイヤレスイヤホンの中でも、コスパが高いということで人気のAnkerから発売されている「ZOLO Liberty」について紹介していきたいと思います。

完全ワイヤレスイヤホン「ZOLO Liberty」

ZOLO Libertyのパッケージ

こちらがAnkerから発売されている完全ワイヤレスイヤホン「ZOLO Liberty」になります。Anker以外にも沢山のメーカーから完全ワイヤレスイヤホンが発売されていますが、値段が高すぎたり、逆に安すぎると品質がよくなかったりします。

その中でもZOLO Libertyの完全ワイヤレスイヤホンは、値段がリーズナブルでありながらも、クオリティーが高く、コスパが高い完全ワイヤレスイヤホンとして人気があります。

パッケージの内容と仕様

ZOLO Libertyの中身

まずは、ZOLO Libertyのパッケージ内容を見ていきましょう。値段からは想像しにくい高級感のあるパッケージで梱包されています。このパッケージを見るだけでも商品の期待感が膨らみますね。

ZOLO Libertyの内容

パッケージの内容と仕様は以下の通りです。

  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • USBケーブル
  • イヤーチップ、アタッチメント
  • 説明書、保証書(18ヶ月)、サポートセンターの連絡先、使用上の注意事項
仕様ZOLO Liberty
Bluetooth4.2
対応コーデックAAC,SBC
連続再生時間イヤホン本体:約3.5時間 充電ケース仕様時:約24時間
周辺音取り込みなし
防水規格IPX5

ZOLO Libertyはトレーニングに最適なイヤホン!?

リーズナブルな価格でありながらも、クオリティーが高いということで評判が高いZOLO Libertyですが、完全ワイヤレスイヤホンというコードがないイヤホンというだけあって、トレーニング用に使うイヤホンとしても最適です!

次にZOLO Libertyの仕様について触れながら、トレーニング用のイヤホンとして適している点などについて紹介してきたいと思います。

完全ワイヤレスだからトレーニング中でもストレスを感じない

ZOLO Libertyのイヤホン

ZOLO Libertの場合は完全ワイヤレスのイヤホンなので、イヤホンをしているというストレスがありません

以前紹介したSoundPEATSのようなBluetooth対応のイヤホンもいいですが、やはりコードがあるとトレーニング中にストレスを感じることが多々あります。ZOLO Libertyであれば、そのようなことを感じることが全くありません。

IPX5防水規格だから、トレーニング中の汗も心配なし

トレーニング中には汗をかくので、イヤホンの防水性能はとても重要な要素になってきます。

ZOLO LibertyはIPX5防水規格という「いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を 受けない」という防水規格が備わっています。トレーニング中に汗をかくようなシチュエーションでも、心配することなく使っていけます。

最高24時間の音楽再生

トレーニング時間は30分~1時間半くらい、長くても2時間くらいになると思いますが、ZOLO Libertyのイヤホン本体の最大連続再生時間は約3.5時間となっているので、トレーニング中に電池切れの心配なく使うことができます

また、付属の充電ケースに入れておけば最大24時間の連続再生が可能になります。

PUSH AND GOで接続も簡単

使用している端末とイヤホン本体が一度ペアリング済みであれば、ケースからイヤホンを取り出すだけで、イヤホン本体の電源が自動的にオンになり、記録されている端末と自動的にペアリングが行われます。

操作も簡単

イヤホン本体の表面部分がボタンになっており、そこからワンタッチや長押しをすることによって、曲の再生や一時停止、曲送りなどを簡単に行うことができます。

トレーニング中にスマホの画面をいじらなくても、イヤホン本体から操作ができるので便利です。

充電機能付きの持ち運びに便利なケース

ZOLO Libertyのケース

付属されているイヤホン本体のケースは、ズボンのポケットにも入れられるようなコンパクトなデザインで持ち運びにも便利です。

買う前は安っぽいプラスチックのケースかと思っていましたが、結構ガッチリとした作りで表面はマットな加工も施されており想像していた以上に上質な作りです。

ZOLO Libertyのケース充電

またケースにはイヤホン本体を充電する機能が備わっているため、イヤホン本体を毎回充電する手間がありません。

イヤーチップアタッチメントでサイズを微調整

ZOLO Libertyのアタッチメント

ZOLO Libertyには自分の耳にしっかりとフィットするようにイヤーチップアタッチメントが付属しています。サイズはS,M,Lの3つのサイズで調整できるようになっています。

ZOLO Libertyのカスタマイズ

実際にイヤーチップアタッチメントを使ってカスタマイズしてみたのが写真のような感じです。Zolo LibertyはGripFitというずれにくいイヤホンの構造をしており、トレーニング中の激しい動きの中でもずれにくいグリップ力があります。

ZOLO Libertyを実際に使ってみた感想

ZOLO Libertyの装着

最後にZOLO Libertyを実際に使ってみて感じた「音質装着感利便性」などについて紹介していきたいと思います。

音質は十分なクオリティー

僕は音マニアでもないので、ZOLO Libertyの音質について「どこまでの音域まで出せて・・・」のような詳しい解説はできませんが、シャリシャリとしすぎず、かといってモコモコと奥まった感じもなく聞きやすい音です。素人の感覚からでも分かるバランスのよく取れた聞きやすい音質だと感じました。この価格でこの音なら全然納得です。

仕様自体は、グラフェンというドライバーを採用していて、高音がクリアに、中音が滑らかに、低音パワフルに聞こえるような設計になっているみたいですね。

僕はトレーニング中にEDMなどの音楽を聞くことが多いのですが、低音もしっかりと出てくれているので、トレーニング用として使うには十分な音質と満足しています。

トレーニング中でもガンガン使えるフィット感

完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホンがコードで繋がれていないので、フィット感というのは気になりますよね。ましてはトレーニング用となると、激しい動きでもずれないようなグリップ力が必要です。

ZOLO Libertyを実際に装着してみた感じでは、申し分なしのグリップ力とフィット感ですね。イヤーチップでMサイズのものにカスタマイズして使っていますが、ランニングなどで使ってもずれるようなことが全くありません。しっかりと装着すれば激しい運動にも対応できるグリップ力です。

充電ケースが想像以上に便利

想像していた以上に便利だと感じたのが、ZOLO Libertyの充電ケースです。

買う前は正直入れたり、出したりケースで管理するのは面倒くさいなと思っていたのですが、逆にめちゃくちゃ便利でした。

以前のSound PEATSのBluetoothイヤホンを使っていた時は、電源を切り忘れてしまったり、充電のやり忘れということがよくありました。ただZOLO Libertyの場合は、ケースからイヤホン本体を出し入れするだけで、自動的に電源のオンオフと充電が行われるので、電源の切り忘れや充電のやり忘れが全くなくなりました

また、本体のコード無くケースの中で保管するようになることによって、取り出した時のコードの絡まりに悩むこともなくなりました。

まとめ トレーニング用には最適なイヤホン

ZOLO Libertyの完全ワイヤレスイヤホンは、リーズナブルな値段でありながらも、イヤホンとしてのクオリティーはとても高くコスパが最高です!

トレーニング用のイヤホンとしては十分すぎる仕様ですが、より性能の高いBluetoothや、長い再生時間などの性能のものが欲しければ、新型のZOLO Liberty+もいいかもしれませんね。

Liberty+になるとBluetoothの性能「5」に上がり、充電時間も最大約48時間まで長くなり、周辺音取り込みも「あり」になります。そして、アプリによって音質も変えられる機能が付きます。ただ値段が倍以上高くなるので、トレーニング用などと割り切った使い方であったり、価格重視の方はZOLO Libertyの方が断然にオススメです。

気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね。