WPCとWPIのプロテインについて!今更聞けないプロテインの種類!

WPCとWPIの違い

筋肥大を目的として筋トレをしている多くの方が、タンパク質の栄養を補給するためにプロテインパウダーを摂取しているかと思います。

プロテインと言っても、ホエイプロテインやガゼインプロテイン、ソイプロテインなどの複数の種類が存在しますが、多くの方が牛乳のホエイ(乳清)からたんぱく質を分離させて精製した「ホエイプロテイン」を摂取しているのではないでしょうか?

このホエイプロテインですが、ホエイを精製する製法によって、さらにWPCWPIという2種類に分類分けされているのをご存知でしたか?

そこで今回は、ホエイプロテインの「WPCとWPI」の違いについて解説していきたいと思います。

WPCとWPIとは?

プロテイン溶かす

冒頭でも少し触れたとおりWPCとWPIは、どちらもホエイプロテインになります。WPというのは「ホエイ・プロテイン」(WHEY PROTEIN)を略したもので、WPCは「ホエイ・プロテイン・コンセントレート」、WPIは「ホエイ・プロテイン・アイソレート」という意味になります。

どちらもホエイプロテインを意味するものになりますが、牛乳からホエイを精製する製法が違うためWPCとWPIと言う名前で種類分けされています。

製法が違うため、どちらもホエイプロテインということには変わりませんが、WPCとWPIではプロテインの質に差が出てきます。

それでは、もう少し細かくWPCとWPIがどのような製法で精製されているのか、それぞれの製法の違いと、質の違いについてメリットとデメリットを説明していきたいと思います。

WPC(ホエイプロテインコンセントレート)のメリットとデメリット

WPCは、牛乳から乳清(ホエイ)をろ過してから、それを凝縮することによって精製されるホエイプロテインになります。

このWPCのホエイプロテインの一番のメリットとも言えるのが、安価な価格で手に入るということです。製法が比較的シンプルで簡単なため、精製するのにコストがかからず結果的に安く提供できるということですね。

しかしながら、ろ過によって作られたものになるため、どうしても乳糖や、カルシウム、ビタミンなどタンパク質以外の栄養素も残ってしまいます。結果的にタンパク質の含有量が80%程度と低めになってしまうというデメリットがあります。

また、乳糖が含まれているので中には「お腹を壊してしまう」という方もいます。これは乳糖を分解する力が弱いという体質によるものですが、牛乳を飲むとよくお腹を壊してしまうという方は注意が必要ですね。

WPCは、安く多くプロテインを摂りたいという、価格重視の方にオススメのプロテインといえるでしょう。

WPI(ホエイプロテインアイソレート)

WPIは、WPCのろ過製法でホエイを精製した後に、更に「フィルター膜処理」と「イオン交換」の処理がされる製法です。処理の名前まで覚える必要はありませんが、これらによってホエイに含まれる不純物を取り除くことができます。

しっかりと不純物を取り除くことによって、タンパク質の含有率が90%以上というピュアなホエイプロテインを精製することができます。タンパク質の含有率が高いため、無駄な脂質や乳糖の含有率が1%未満となっています。

減量期に無駄なカロリーを摂取したくない方や、WPCでお腹を壊してしまう方にオススメです。また、WPCと比較して吸収スピードも早いので、トレーニング後のプロテインとしても最適といえますね。

メリットはたくさんあるWPIのプロテインですが、ホエイを精製するのに手間がかかっているため、その分WPCと比較して値段が若干高くなります

多少お金がかかってもプロテインの品質に拘りたい」という方には、WPIのプロテインがオススメでしょう。

WPCとWPIのオススメのプロテイン

WPCとWPIの違いについて理解したところで、それぞれのホエイプロテインのオススメを最後に紹介していきたいと思います。これら以外にも様々なプロテインがありますが、個人的にオススメと言えるものを選んでみました。

WPCのオススメ!

ボディウイングのプロテインは、最近では珍しい完全無添加のプロテインとなっています。

完全無添加なので、身体の健康を気遣う方にオススメのWPCのプロテインです。価格もリーズナブルなので、プロテインにあまりお金をかけたくないという方にもオススメです。

ボディウイングのプロテインについての詳しい内容は、コチラの記事を参照してください。

【ボディウイングのホエイプロテイン】完全無添加ホエイプロテインならコレ!

2018.07.06

オプチマムニュートリションといえば、WPIの「ゴールドスタンダード」が定番と言えますが、WPCの「パフォーマンスホエイ」も中々コストパフォーマンスが高いです。

1食あたりのタンパク質の含有量が高いだけでなく、BCAAやグルタミンもプロテインの中に含まれています。コスパを考えるなら、オプチマムニュートリションのパフォーマンスホエイはオススメです。

WPIのオススメ!

WPIのプロテインパウダーとして不動の人気を誇るのが、こちらのオプチマムニュートリションから発売されている「ゴールドスタンダード」ですね。

その人気の秘密はWPIでありながらも、手を出しやすいリーズナブルな価格であるということです。高品質なタンパク質が含まれていること以外にも、BCAAとグルタミンも含まれており、コスパがとても高いWPIのプロテインと言えるでしょう。

オプチマムニュートリションのゴールドスタンダードについての詳しい内容は、コチラの記事を参照してください。

プロテインに迷ったら、オプチマムのゴールドスタンダード!全米NO1の最高のプロテイン!

2018.02.22

ゴールドスタンダードと方を並べる勢いで人気の高いのが、こちらのダイナマイズニュートリションのISO-100です。

こちらもゴールドスタンダードと同じで、WPIプロテインであるにもかかわらず価格が安く、コストパフォーマンスが高いWPIのプロテインとして人気が高いです。

まとめ

普段何気なく摂取しているプロテインパウダーですが、実はWPCとWPIの2種類が存在します。

どちらもホエイからなるものなのでプロテインとしての根本的な要素は変わりませんが、ホエイが精製される製法が異なるため、WPIとWPCでは含まれる成分や、吸収スピード、価格が変わってきます。

今後ホエイプロテインを選ぶ際に、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。