筋トレはトレーニングシューズが重要!トレーニングシューズで挙上重量が上がる!

トレーニングシューズオススメ

筋トレを行うときはランニングシューズや、運動靴のような動きやすい靴であればなんでもいいと考えている方が中にはいるのではないでしょうか?

この考え方が間違っているとは言いませんが、もし筋トレの質をあげていきたいのであれば、トレーニングシューズに拘ることは重要な事です。トレーニングシューズを拘って選ぶことによって、今までよりも更に高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

ただ筋トレ初心者の方などは、どのようなトレーニングシューズを選べばいいのかわからないという方もいると思います。

そこで今回は、トレーニングの種目ごとにオススメできるトレーニングシューズを紹介していきたいと思います。

トレーニングによってシューズを使い分ける

トレーニングシューズを選ぶ際には、トレーニングの種目によって使い分けるのが一番最適です。

トレーニング種目は、大きく分けて3つに分類できます。

  • 有酸素運動
  • スクワット(無酸素運動)
  • デッドリフトを中心とした、それ以外の種目(無酸素運動)

それぞれの種目ごとに足や関節への力の入り方、負荷のかかり方が変わります。それに伴ってトレーニングシューズも最適なものを選択する必要があるということですね。

トレーニングの種目によってシューズをしっかりと選ぶことによって、力を効率よくコントロールできるようになるため、結果的にトレーニングのパフォーマンス向上につながります。

それでは、具体的に種目ごとにどのようなトレーニングシューズが最適なのかを見ていきましょう。

有酸素運動に向いたトレーニングシューズ

有酸素運動

有酸素運動とはランニングやバイク、縄跳びなどがあげられます。これらの有酸素運動を行う際には、一択でランニングシューズを使うのが最適です。

足の底にある程度の厚さがあり、クッション性の高いものを選ぶようにしましょう。有酸素運動をする際にランニングシューズを選択するのは、膝や足関節への負担が軽減させるためです。

また、軽いものや通気性の高いものを選ぶことによって更に高いパフォーマンスを発揮してくれます。

オススメのトレーニングシューズ

有酸素運動にオススメのランニングシューズは、アシックスのGEL-KAYANO 24です。

安定感、クッション性、ホールド感などとバランスの取れたランニングシューズで、初心者から上級者まで幅広いレベルに対応しています。有酸素運動のトレーニング用シューズとしては最適と言えるでしょう。

スクワットに向いたトレーニングシューズ

ケトルベルスクワット

スクワットのトレーニングを行う際には、スクワット用のトレーニングシューズを持っておくことをオススメします。これによって、挙上重量が2.5~5kg程上がる可能性も十分に出てきます。

スクワットに最適と言えるトレーニングシューズは、底が硬くつま先が下がっていて踵のヒールに厚みのあるものです。これによって、スクワットのボトムからトップにかけての力発揮を安定化させることができます。

底が硬いシューズを選ぶ理由は、スクワットのようなトレーニングを行う際には安定感が重要になってくるからです。ランニングシューズなどのようなクッション性の高いものを使うと、重量を持ち上げたときに足のグラつきを起こしてしまいます。

底の硬い素材のシューズを使うことによって、このグラつきを防ぐことができます。

また、スクワットで重い重量を扱うようになると、挙上中に膝が徐々に前に出てくるようになります。これによって大腿四頭筋が多く動員されるようになり、それと同時に踵が浮いてきて不安定になってきてしまうことがあります。

踵のヒールに厚みがあることによって、この踵の浮きによる不安定感を解消することができます。

オススメのトレーニングシューズ

底が硬く、踵のヒールが厚めに作られたスクワット用のトレーニングシューズは、様々なメーカーから販売されていますが、僕が個人的にオススメしたいのがナイキのROMALEOSです。

海外の多くのトレーニーにも愛用している方が多く底の安定感とホールド感には定評があります。マジックテープを通すバックルは金属でできており耐久性も高いです。またファッション性も高いところも人気の理由の1つです。

スクワット以外の無酸素運動系に向いたトレーニングシューズ

デッドリフト

最後はスクワット以外の無酸素運動に使いたいトレーニングシューズです。主にデッドリフトを行う際などには特に重要になってきます。

これらの種目では、足の踏ん張りがポイントになってきます。

これらの足の踏ん張りや、安定感を出すためには、足の底がとにかく薄くて硬いものがオススメです。足のつま先から踵まで真っ平らなソールのものを選ぶようにしましょう。

スクワットのトレーニングシューズのように踵の高いものを選ばない理由は、デッドリフトのスタートポジションが関係しているからです。踵の薄い靴を使うことによって足の位置を低くしバーベルとの距離を作り、これによって更に重い重量を狙えるようになります。

オススメのトレーニングシューズ

デッドリフトにオススメと言えるトレーニングシューズは、ビブラムのファイブフィンガーズです。とても有名なシューズでジムに通っている方などは、一度は履いているトレーニーを見かけたことがあるのではないでしょうか?

指先の部分が独立していて、まるで裸足のような感覚で使えると人気が非常に高いトレーニングシューズです。底がとにかく薄く硬いデッドリフトには最適のトレーニングシューズですね。

まとめ

今回は種目ごとにあったトレーニングシューズを紹介させてもらいましたが、予算上どうしても種目ごとにトレーニングシューズを使い分けるのは難しいという方もいると思います。

そんな方は自分のトレーニングスタイルがどのようなものなのか見直して、自分のトレーニングに合ったトレーニングシューズを選ぶようにしましょう。