デッドリフトやベンチプレスなどのトレーニングに足袋靴が使える!

足袋靴

筋トレを行っている方であれば拘りたいトレーニングギア。

中でもトレーニングシューズは、ジムでトレーニングしている方であれば、誰しもが必要とするトレーニングギアなのではないでしょうか?

あなたは、普段どのようなトレーニングシューズを使っていますか?

今回は、僕が普段デッドリフトやベンチプレスなどのフリーウエイトトレーニングをする時に重宝しているトレーニングシューズを紹介していきたいと思います。

トレーニングシューズに拘る理由

筋肉疑問

トレーニングシューズを選ぶ時に、ランニングシューズのような通気性の良いものや、動きやすいシューズであれば何でも良いと思っていませんか?

もちろん、ウエイトリフティング以外の筋トレや有酸素運動であれば、ランニングシューズでも良いかもしれません。僕もウエイトリフティングのトレーニングをする前までは、正直なんでも良いと思っていました。

靴って結構高いし、トレーニング用だけにシューズを買うのもなんか気が引けますよね。

ただ、デッドリフトやベンチプレスなどのウエイトリフティングのトレーニングをしている方であれば、靴には拘ったほうが良いです。なぜならば、これらのトレーニングをする時は、重い重量を体で支えるために足で踏ん張らないといけないからです。

ランニングシューズには衝撃を吸収するためのクッションがついていますが、これが床の反発力を吸収してしまいます。なので踏ん張るという動作にはあまり向いていないんですね。

しっかりと足で踏ん張るためには、それに合ったシューズ選びが必要です。

デッドリフトやスクワットに理想的なシューズとは

デッドリフト

では、どのようなトレーニングシューズがデッドリフトやスクワットなどのトレーニングに向いているのか。

ウエイトリフティングのトレーニングを行う場合は、ランニングシューズのように床の反発力を吸収してしまうものではなく、反発力を直接体に伝えられるような靴が理想的です。

具体的には、靴の底が薄くて、グリップ力があり、裸足の感覚に近い靴がその条件を満たすトレーニングシューズと言えるでしょう。

リフティングシューズなどと検索して探せば沢山の種類のトレーニングシューズを探すことができますが、今回は僕が普段重宝している靴を紹介したいと思います。

それは、とび職などの高所作業や土木作業などの作業用靴として使われる足袋靴です。

足袋靴がトレーニングシューズとして使える!

足袋靴と聞いて「え?」と思う方もいるかもしれませんが、これがデッドリフトやベンチプレスなどのウエイトトレーニングをするのに凄く使えるんです!

足袋靴はとび職などの高所作業や土木作業に使われる靴なので、ソールは薄くフラットに近い構造となっており、裸足に近い履き心地です。この履き心地が正にウエイトリフティングのトレーニングに最適の靴の構造と言えるでしょう。

足袋靴

また、高いところなどに登ったりして使うわけですから、グリップ部分の作りはしっかりとしていています。基本的に足袋靴のグリップ部分は天然ゴムとなっていて、全く滑ることがないので、足を踏ん張るのには最適です。

足袋靴には様々な種類がありますが、今回紹介するのは中でも軽作業用なんかに使われるローカットタイプの足袋靴ですね。

そして、忘れてはいけないのが足袋靴の安さです!メーカーにもよりますが、ローカットタイプのものであれば数千円で買うことができます。

この値段で、これだけの使い心地なら使い捨て感覚で買っても良いかなって感じですねw

足袋靴を使ってみて感じたこと

足袋靴

デッドリフトやスクワットなどのリフティングトレーニングに向いている靴ということを知ってから、即購入して早1年ほどが経過しますが、その使い心地が気に入って未だ尚重宝しています。

ちなみに僕が買ったのは、こちらのkitaというメーカーの足袋靴です。

足袋靴はあくまで作業用の靴であってトレーニングシューズではないので、写真を見ていただければわかる通りファッション性はゼロで、トレーニングシューズなどのように通気性などの考慮もあまりされていません。(ちょっと蒸れやすいです)

それでも、数千円というコストというのにも関わらず、パフォーマンスがとても高いと感じています。

まともなリフティングシューズなどを買おうとしたら、相当なコストがかかってしまうのに対して、数千円でここまで使えるということを考えると、トレーニングギアのコストを抑えたい方であれば最高かなと思います。

まとめ

本来はとび職などの高所作業や土木作業に使われる作業用靴ですが、その作りはデッドリフトやベンチプレスなどのウエイトリフティングのトレーニングには最適で、値段以上のパフォーマンスを発揮してくれます!

トレーニングシューズを買おうと思っているけれども、コストをあまりかけたくない方や、今までトレーニングシューズに特に気を使っていなかった方は、是非足袋靴をチェックしてみてください。