ナイキのトレーニングシューズ「メトコン」が凄い!筋トレに最適なトレーニングシューズ!

ナイキのロマレオス3

機能性の高いリフティングシューズを使うことは、筋トレのパフォーマンスを向上させる1つの手段です。

数あるトレーニング種目の中でも、特にリフティングシューズに拘るべき種目があります。

それはスクワットです。

スクワットは足の安定感が物凄く重要になってくる種目なので、機能性の高いリフティングシューズを使うことがパフォーマンスの向上に直結していきます。

そこで今回は、スクワットのトレーニングに最適なリフティングシューズであるナイキの「ロマレオス3」について紹介していきたいと思います。

ナイキのリフティングシューズ「ロマレオス3」

ロマレオス3

今回紹介するのが、こちらのナイキから発売されているリフティングシューズ「ロマレオス3」です。数あるリフティングシューズの中でもお洒落なデザインであることも人気の秘密で、機能性の高さとデザインから、海外を含めた多くのパワーリフターやトレーニーに愛用されています。

ロマレオス3は「ウエイト、パワーリフティング用」に開発されたリフティングシューズとなっていて、その重厚感のあるデザインからは、如何にもリフティングシューズという雰囲気が漂ってきますね。

ロマレオス3という名前の通り、旧モデルの「ロマレオス」「ロマレオス2」も存在します。ロマレオス3は、その中でも最高の機能性を持った現行モデルということですね。

ナイキの「ロマレオス3」はここが凄い!

リフティングシューズというと、様々なメーカーから発売されていますが、その中でもナイキの「ロマレオス3」が機能性の面で、どのように優れているのか細かく見ていきましょう。

底が硬く、つま先が薄く、踵が高い、理想のリフティングシューズ

ロマレオス3のサイド

スクワット用のリフティングシューズで最も大切と言えるポイントが、とにかく底が硬くつま先が薄く踵が高い構造の靴です。ナイキのロマレオス3はこの三拍子がしっかりと揃っているリフティングシューズと言えるでしょう。

スクワットで高重量を扱う際に、膝が前に出てきて踵が浮いてしまう状態になることがあります。この状態だと軌道が安定せず、負荷をロスしてしまいます。

これを解消するために、踵が高いロマレオス3のようなリフティングシューズを使います。これによって足を屈曲させた時でも軌道を安定させることができ、大腿四頭筋にしっかりと負荷を与えることができます。

ケーブルとストラップでホールド

ロマレオス3のバックル

ロマレオス3の場合は、Flywireケーブルで内側を結んでから、さらに中央部にあるナイロン製のストラップで締め付けるような構造になっています。ダブルのロック構造でしっかりとしたホールド感を得ることができます。

アッパーのメッシュ加工が通気性を確保

ロマレオス3のつま先

靴のホールド感などを重視するために、通気性が悪くなりがちなリフティングシューズですが、ナイキの「ロマレオス3」は通気性に関してもしっかりと考慮されていて、アッパー部分がメッシュ加工となっています。

ロマレオス3の足裏

足の底に関しても通気性の配慮があり、インソールまで空気が通るような構造となっています。

このような構造であるのにも関わらず、底はガッチリと硬く安定感のあるリフティングシューズとなっています。

2種類のインソール

ロマレオス3のソール

足のサポート力を左右するインソールですが、ロマレオス3の場合は付属で2種類のインソールがついています。

柔らかい素材のソフトと、硬い素材のファームがあり、トレーニングの種類によってサポート力を変化させることができます。

まとめ

冒頭でも触れましたが、機能性の高いリフティングシューズを使うことは、筋トレのパフォーマンスを向上させる1つの手段です。

特にスクワット用のリフティングシューズに関しては、どの靴を使うかがとても重要になってきます。

リフティングシューズは、ランニングシューズなどと比較すれば値段が少し高いですが、これを拘ることによってスクワットを行う時に、大腿四頭筋全体に効かせられるようになります。

気になった方は是非チェックしてみてくださいね!