二重アゴを治す方法、痩せれば二重アゴが解消されるのは間違い!?

綺麗なアゴ

日頃の生活の中でどうしても気になる、顔のフェイスライン。人によって、様々なコンプレックスがありますよね。

その中でも多いのが、やはり二重アゴが気になるという意見。

今回は、二重アゴで悩んでいるあなたに、その改善策を紹介したいと思います。

二重アゴは痩せても改善されない!?

減食ダイエット

まず最初に、二重アゴがなぜ出来てしまうのか。ということについて解説していきたいと思います。

おそらく、多くの方が二重アゴについて「太っているから」と思っている方が多いとおもいます。

しかしながら、実はこの考えは必ずしも正解とは言えないのです。

体脂肪がつくことによって、顔の周りに贅肉がつき、それによって二重アゴがになってしまうことは当然起こりえます。

ただ、ここで一つ考えていただきたいことがあります。二重アゴの人が必ずしも太っていると言えるでしょうか?

痩せている人や、小顔の人でも二重アゴの人っていますよね?実は、二重アゴ=太っているというわけではないんです。

太っている方は、まず運動と食事管理から体型を変えていく必要がありますが、痩せているのに二重アゴの方は、他の改善策が必要になるということですね。

ただでさえ細めの体型なのに「二重アゴを治すためにダイエット」みたいなのはオススメしません。過度な減食などを行ったりすると、今より更に不健康な体にだってなりえます。しっかりとした原因を探り、改善していきましょう。

二重アゴは猫背が原因

猫背

気になる猫背の原因になりますが、実はあなたの姿勢「猫背」が原因だったんです。

なぜ、猫背な方が二重アゴになってしまうかというと、その姿勢をイメージしていただければわかります。

本来人間の体は、S字になっているのが理想とされていますが、猫背の場合はこれが前かがみになって顔や肩が前に出ている状態です。

自分の直立した姿勢を真横から写真などで撮ってみてください。耳の位置が肩より前に出ていたら猫背ですね。

二重アゴ

人間は首から顔にかけて、様々な筋肉があるのですが、猫背だと顔が前に出ている状態になっているので、アゴから喉にかけてついている筋肉が落ちてきてしまうんです。

つまり、「脂肪がついている」も一理ありますが「筋肉の衰え」ということも原因として想定されるわけなんですね。

痩せているのに二重アゴの方は、殆どの方がこれが原因で二重アゴを引き起こしています。

昨今のスマートフォンの普及であったり、連日のパソコンの利用などから猫背になってしまう方が年々増えてきています。

猫背を治して、二重アゴを治す

上記のことから、姿勢が猫背になってしまうことが、二重アゴを引き起こしてしまうというわけです。なので、猫背を治すことは、二重アゴを治すことでもあるわけですね。

昨今は、スマートフォンの普及や、仕事内でのパソコンの利用で、猫背になってしまう方が多くなっています。

これらを改善するには、日頃の運動や、姿勢の意識によって十分改善できるので、ぜひ試してみてください。

胸を張って歩く

歩く姿勢

普段から意識することとしては、まずは歩く姿勢を改善していきましょう。

猫背の方は、肩が前に寄ってしまいがちです。意識して肩を横に広げ、胸を張るようにして歩くようにしましょう。

姿勢強制サポーターなどを併用すると、より肩甲骨を意識的に寄せることができるので、姿勢改善に役立ちますよ。

座る姿勢を改善する

座る姿勢

猫背になってしまう原因の多くが、日頃の生活習慣が殆どです。中でも、スマホやパソコンを触っている時の姿勢が悪い人が多いのが目立ちます。

それを改善するには、座った時の姿勢を改善していくのがオススメです。

椅子に座る時は、椅子に浅く座り、背もたれに寄りかからないように座りましょう。背筋を普段から意識して座ることによって、十分に姿勢は改善されます。

この座る姿勢を改善するときにオススメしたいのが、こちらのStyleですね。座っているだけで姿勢が改善される優れものなのですが、座ってみると、確かに骨盤あたりを安定感させ、しっかりと姿勢を強制してくれる感じがします。実際に口コミでも、このstyleによって姿勢が改善されたという声も多いです。

少々値段が張りますが、姿勢というのは習慣化によって治していくことが多いので、長く使うことを考えたら安いですね。

ストレッチポールを活用する

ポール

普段の運動によっても猫背の改善は可能です。

それには、ストレッチポールを活用するのがオススメです。ストレッチポールは、その名の通りストレッチをするためのポール(棒)になります。

ヨガなどでも取り入れられたりするのですが、ポールの上に寝転がり、背中や肩甲骨の筋肉を柔らかくほぐしてくれます。これによって、背中の歪みを整えたりすることができるわけなんですね。

頻度としては、朝と夜に5分ほど行うことを習慣づけると、徐々に猫背が改善されてくると言われています。

スペースはあまり取らず、自宅の限られたスペースでも行えるのでオススメです。

値段もお手頃になっているので、まずはここから始めてみるのもいいかもしれないですね。

まとめ

贅肉があることによって、二重アゴになると決めつけがちですが、実は姿勢も大きく関係していたんです。

スマホや姿勢が悪化して二重アゴになってしまわないように、日頃の生活習慣を改善し二重アゴを治していきましょう。