マシントレーニングのメリットとデメリット

ハムストリングス

自分の体重を負荷にして行う自重トレーニング、ウエイトを使って行うフリーウエイトトレーニング、マシンを活用して行うマシントレーニング。

トレーニングには様々な種類がありますが、あなたはどのトレーニングを中心に行っていますか?

トレーニングの種類によって、それぞれメリットデメリットがあります。

前回の記事では、自重トレーニングのメリットとデメリットフリーウエイトトレーニングのメリットとデメリットにいて説明しました。

今回は、それに続いてマシントレーニングのメリットとデメリットについて解説していきたいと思います。

マシントレーニングとは

シーテッドレッグカール

マシントレーニングとは、名前の通りマシンを活用して行うトレーニングを指します

胸で言えばプレスマシン、背中で言えばラットプルダウン、足で言えばレッグエクステンションなどが代表的なのではないでしょうか?

他のトレーニング方法と大きく違うところは、ある一定部位を集中的に鍛えるのに向いているということ。マシン毎に鍛えられる部位が決まっており、自分の鍛えたい部位を狙って筋トレできます。

マシントレーニングのメリット

レッグプレス

それでは、最初にマシントレーニングのメリットについて説明していきたいと思います。

  • 安全性がとても高く、高重量も扱いやすい。
  • 扱いが簡単。初心者の方でも効果的にトレーニングできる。
  • アイソレーション種目に向いている。
  • リハビリなどにも活用できる。

ざっくりとメリットを挙げていくと、このような感じですね。一つずつ細かく見ていきましょう。

安全性がとても高い

マシントレーニングの一番の大きなメリットといえば安全性なのではないでしょうか?自重トレーニングや、フリーウエイトとは違い、マシンが体を支えてくれるので、体を痛めたり、怪我をしてしまうリスクが非常に少ないです。

また、フリーウエイトトレーニングだと、高重量を扱うのには正しい知識と経験が必要になりますが、マシントレーニングは扱いが簡単で安全性も高いため、高重量にも積極的に挑戦できます。

トレーニングがとても簡単

基本的にマシントレーニングは、マシンのガイドラインに沿って、A地点からB地点まで押したり引っ張ったりするだけです。なので、初心者の方であっても簡単な説明さえ受ければ、誰でも簡単に取り扱うことができます

フリーウエイトトレーニングなどだと、初心者のうちはフォームが整っていなくて筋肉に上手く効かせられないということがよくありますが、マシントレーニングだとそういったことが起こりにくいです。

アイソレーション種目に向いている

これは最初の方で触れましたが、マシン毎に鍛えられる部位が決まっており、そこを集中的に鍛えられるようになっています。

なので、自分の弱い部分であったり、理想のボディーシェイプを作り上げるためにも有効活用ができますね。また、予備疲労法や、コンパウンド種目後の追い込みなどにも効果的です。

リハビリにも最適

上のような安全性であったり、トレーニングのシンプルさ、アイソレーション種目であるということから、リハビリの運動にも最適といえます。

マシントレーニングのデメリット

インターバル

それでは次に、マシントレーニングのデメリットについて説明していきたいと思います。

  • あくまでガイド。人体の全ての動きには機能しない。
  • 体に合わない時がある。
  • 小筋群、体幹が鍛えられない。
  • ジムに通う必要がある

ざっとデメリットを挙げるとこのような形になります。こちらも細かく見ていきましょう。

あくまでマシントレーニング

複数のマシンを使えば、ある程度の筋肉は抑えられるものの、人体の全ての動きには対応していないため、体幹や小筋群などと言った細かいところまでは鍛えることができない。

あくまでマシンということを忘れないでおきたいですね。

なので、自重トレーニングやフリーウエイトトレーニングなどの体幹を必要をするトレーニングと並行して行うことをオススメします。

体に合わない時がある

マシンによっては、欧米人向けに作られたサイズのマシンもあります。自分の体に合わないオーバーサイズのマシンを使うと、上手く筋肉に効かせられなかったり、体を痛めたりということがあります。

ジムに通う必要がある

トレーニングマシンを自宅に置くということも物理的には可能ですが、金額が物凄く高いので非現実的ですね。一般的には、ジムなどの器具が揃っている環境に通ってトレーニングを行うことになります。

なので、それに伴う月額などが発生してきますね。

まとめ

マシントレーニングは、人間の動きの全てには対応していないものの、安全性が高くアイソレーション種目にとても向いています

自分の弱いところだったり、理想的なボディーシェイプを作りたいなどと言ったような時は、マシントレーニングを活用して特定の部位を鍛えていくのに最適です。

ただ、マシントレーニングだけでは、人間の全ての筋肉を鍛えることはできないので、マシントレーニングに執着するのではなく、自重トレーニングやフリーウエイトトレーニングなどと合わせて使うのがオススメです。

ジムなどでマシントレーニングを行える環境があるのであれば、有効活用したいですね。