L-カルニチンが脂肪燃焼に効果的!?L-カルニチンの効果、成分、飲み方、副作用など

L-カルニチンについて

あなたはL-カルニチンを知っていますか?

僕は減量期のサプリメントとしてL-カルニチンを重宝しています。

これは脂肪燃焼をより効率よくさせるのに効果的で、減量やダイエットを行っている方に、ぜひオススメしたいサプリメントです。

そこで今回はL-カルニチンについて、その効果飲み方副作用オススメのメーカーなどを紹介していきたいと思います。

L-カルニチンとは

L-カルニチンとは、必須アミノ酸の一種であるリジン・メチオニンによって肝臓で合成されるアミノ酸誘導体です。

L-カルニチンとは、よくカルニチンが脂肪を燃やしてくれると思っている方がいると思いますが、厳密に言うとL-カルニチン自体にはそのような効果はありません。脂肪を燃やし、それをエネルギーに変えてくれる場所は、ミトコンドリアというものになります。

このミトコンドリアまで脂肪酸を運んでくれる役目をしてくれるのが、L-カルニチンになります。脂肪酸は実は単独ではミトコンドリアまで入ることができません。そこでL-カルニチンが運び屋として働いてくれるんですね。

ミトコンドリアがゴミの焼却炉だとしたら、L-カルニチンはゴミ収集車のようなイメージです。

L-カルニチンは遊離脂肪酸を運ぶ

L-カルニチンを脂肪燃焼を目的として摂取するには、1つ注意しておきたい点があります。

脂肪酸をミトコンドリアまで運んでくれるL-カルニチンですが、体内の脂肪をそのままミトコンドリアまで運んでくれるわけではありません。

L-カルニチンがミトコンドリアに届けてくれるのは、遊離脂肪酸(FFA)という脂肪酸になります。

遊離脂肪酸とは、お腹や体に蓄えられた中性脂肪が運動などによって分解され、血中に放出された状態の脂肪酸のことを指します。遊離脂肪酸が体に溢れ出したところで、初めてカルニチンの効果が発揮されます。

つまりL-カルニチンを摂取したところで、運動をせずに痩せれるということはありません。L-カルニチンを摂取し運動をすることによって、遊離脂肪酸の燃焼効率が上がるという感じですね。

L-カルニチンの「L」って何?

筋肉疑問

L-カルニチンのサプリメントについて調べていると「L-」という文字が目に付きます。この「L-」に疑問を持つ方が多くいるのではないでしょうか?

このL-が持つ意味は、アミノ酸を合成して作る時に、L体、D体というものができます。このL体は、人体に作用するアミノ酸を意味し、D体はそれを反転させたもの、体には作用されないものになります。

そしてL-カルニチンの名前にある「L-」がついているということは、このアミノ酸が「しっかりと体に作用してくれるアミノ酸100%で作られていますよ。」ということを意味しています。

L-カルニチンの様々な効果!

L-カルニチンを摂取する場合、多くの方が脂肪燃焼を目的として摂取します。ただL-カルニチンには、脂肪燃焼効果以外にもトレーニーにとって嬉しい効果が沢山あるんです。

脂肪燃焼の効率化

脂肪燃焼

L-カルニチンが脂肪酸をミトコンドリアまで運んでくれるのは、冒頭から説明しているので理解してもらえてるかと思います。

L-カルニチンをサプリメントとして摂取することにより、今まで以上にスムーズに遊離脂肪酸をミトコンドリアまで運ぶことができるので、結果的に効率のいい脂肪燃焼が期待できます。

疲労回復の効果

起床

L-カルニチンを摂取することによって、疲労回復効果も期待できます。

L-カルニチンが、脂肪酸をミトコンドリアに運んでくれることは理解してもらえたと思います。このミトコンドリアに運ばれた脂肪酸は、エネルギーを作り出します。

L-カルニチンによりエネルギーが効率よく生成され、結果的にスタミナが付き、疲労回復効果が期待できるということですね。

筋肉痛の改善

筋肉痛

ミトコンドリアによって作り出されたエネルギーは、もちろん筋肉に対しても働いてくれます。

エネルギーは筋肉細胞の分解を抑制してくれたり、有害な活性酸素から保護してくれたりといった効果が期待できます。これによって、筋トレによって起こる筋肉痛を改善してくれます。

抗酸化作用

L-カルニチンには、抗酸化作用の効果もあります。抗酸化作用といえばビタミンC、Eなどが有名ですが、L-カルニチンにはそれ以上の抗酸化作用があるとされています。

活性酸素が体内に増えると、細胞を参加させます。これは老化であったり、場合によってはガンの原因になってしまうこともあるとされています。L-カルニチンの抗酸化作用でこれらの活性酸素を除去し、老化や病気のリスクを防止することが期待できます。

L-カルニチンの摂取量と摂取タイミング

フィッシュオイル飲む

L-カルニチンは、前述のとおり遊離脂肪酸に対して働きかけます。なので、タイミングによっては効果が無駄になってしまうこともあります。最大限に効果を引き出すためにも、摂取量摂取タイミングをしっかりと把握しておくことが大切です。

L-カルニチンの摂取量

まず摂取量については、1日に1,000mg~1,500mg(1g~1.5g)を目安に摂取するようにしましょう。

身長や体重によっても効果に個人差があるので、効果を見ながら2,000mgくらい摂取しても大丈夫です。ただ厚生労働省が出しているデータでは、1日の摂取量目安を1,000mgと推奨しています。

摂取タイミング

L-カルニチンは、遊離脂肪酸をミトコンドリアまで運んでくれる効果を持っているので、運動して体内の中性脂肪が分解されて、体内に遊離脂肪酸が放出された時に初めて効果が発揮されます。

遊離脂肪酸の血中濃度が上がってきた時に、L-カルニチンの血中濃度も同時に上がってくるのが最適なタイミングです。

このタイミングを意識して、筋トレや有酸素運動をする1時間ぐらい前を目安にL-カルニチンを摂取するようにしましょう。

L-カルニチンの副作用

インターバル

L-カルニチンの副作用については、今のところ何も報告はされていません。ただ摂取量の目安を大きく上回る過剰摂取は、吐き気や痙攣、胸焼け、胃炎、下痢などの体調不良を起こすリスクにつながるので、これは避けるようにしましょう。

オススメのL-カルニチン

フィッシュオイル

L-カルニチンは多くのメーカーから販売されています。そこで最後に、オススメのL-カルニチンを紹介していきたいと思います。

L-カルニチンの場合はアミノ酸系のサプリメントなので、含有量コスパで選んでいくことをオススメします。

メーカー  粒数、値段 L-カルニチン含有量 1日のコスト
 バルクスポーツのL-カルニチン

バルクスポーツ

 180粒入り、4,609円 4粒に1,000mg  102.4円
 ウィダーのL-カルニチン

ウィダー

 120粒入り2,930円  2粒に1,000mg&CLA1,600mg  48.8円
 NOW foodsのL-カルニチン

NOWfoods

100粒入り2,996円  1粒に1,000mg  29.9円
 ディアナチュラのL-カルニチン

ディアナチュラ

90粒入り1,236円 2粒に1,000mg  27.4円

今回は、1日の推奨摂取目安である1,000mgを目安に、1日あたりのコストを計算して比較してみました。

単純にコストが安いという点で言えば、ディアナチュラのL-カルニチンになりますね。amazonでも、このディアナチュラのL-カルニチンはベストセラーになっています。

ただ、デェアナチュラの場合は90粒入りなので、1日に2粒のんだ場合45日で終わってしまいます。それを考えた時に、NOWfoodsのL-カルニチンに関しては、1粒に1,000mgの含有量で1日1,000mgの摂取とした時に100日間摂取できるので、コストが2円ちょっと上がりますが、飲みやすさと値段を取るならオススメですね。

あとは、地味にオススメできるのが、こちらのウイダーのL-カルニチンです。他のL-カルニチンと違う点が、CLAも含有されているということです。CLAも脂肪を燃やす脂肪酸として有効な成分なので、これを同時に取ることは減量にとても有効です。(CLAについての記事はコチラ)L-カルニチン1,000mgに対して、CLAが1,600mgなので、含有量も申し分なく、なかなかオススメできるL-カルニチン&CLAですね。

TSPマークがあるのは、バルクスポーツのL-カルニチンだけ

今回紹介したL-カルニチンの中で、群を抜いて単価が高かったのは、バルクスポーツのL-カルニチンですね。これには理由があり、バルクスポーツのL-カルニチンだけ唯一TSPマークがついているものになります。

TSPマーク

こちらが、そのTSPマークになりますね。このマークは第三者機関が製品の品質や純度、ドーピング禁止物が混入していないことを認めているという印になります。

他のL-カルニチンにTSPマークがついていないからといって、そのサプリメントが危険というわけではないですが、コンテストなどに出場する方で、ドーピングなどの検査が心配な方より安全性の高いサプリメントを摂取したい方などは、迷わずバルクスポーツのL-カルニチンがオススメです。

バルクスポーツは国産のサプリメントメーカーとして有名ですが、このようなTSPマークがあると更に好感が持てますね。

まとめ

減量期やダイエットの脂肪燃焼を目的としたサプリメントとして重宝したいL-カルニチン。血中に放出された脂肪酸を脂肪の焼却炉であるミトコンドリアまで運んでくれ、効率よく脂肪燃焼をさせることへ繋げてくれます。

それ以外にも、疲労回復や抗酸化作用、筋肉痛の改善など多くの効果が期待できます。

体内で合成され食事からも摂取することはできますが、L-カルニチンの最大の効果を発揮するには、体内や食事から摂取するだけでは不十分です。

減量期やダイエットを目的としているのであれば、サプリメントから摂取することをオススメします!