ダイエットする時の体重計の有効活用の仕方

体重計

ダイエットをすると決心した時、まず最初にあなたは何を行いますか?

多くの方が、今現段階の状況を知るために自分の体重を計ると思います。

これは、ダイエットの途中経過や、最後の成果を知る上ではとても重要な事です。スタート地点がわからないと、どれぐらい成果が出たのかわからないので、これは必ず行うべきです。

ただ、ここで少し気にかかることがあります。

それは、ダイエットを行っている方の中で、体重計を使っているけれど、それをあまり有効活用できていない方が時々います。

ということで、今回は、ダイエットを行う上での体重計の有効活用の仕方について話していきたいと思います。

ダイエット中にやってしまう、体重計の残念な使い方

体重計一喜一憂

体重計はそもそも自分の体重を計る為のものなので、間違った使い方という表現はないかもしれません。

ただ、ダイエットの為のツールとして考えた時に「その使い方は間違っている」と思ってしまうことがあります。

具体的にどのような使い方をしている方を指すのかというと、以下の通りです。

ダイエット中に毎日体重を計る

これは、ダイエットをしている多くの方がやっているかもしれません。

それは毎日体重を計るということです。これを行うことによってダイエットのモチベーションが保てるというのであれば、それはあなたに合ったダイエット方法だと思うので続けても大丈夫だと思います。

ただ、中には毎日体重計に乗り、その結果によって一喜一憂する方がいます。このような方は、要注意です。

ダイエットはある意味モチベーションとの戦いでもある為、このような気持ちの浮き沈みが起こるようなことは、あまりしないほうが結果に結びつきやすいです。

そもそも、体重はその日のコンディションであったり、昨日の食べたもの、体内の水分量などによって、毎日変化します。なので、毎日数グラム増えたり減ったりすることは当たり前のことなのです。

「体脂肪を減ったかが知りたい」というダイエットの観点から見れば、この毎日体重を計るという体重計の使い方は、オススメしません。

違う時間帯、違うコンディションで計る

ダイエットの相談をしてきていただいた方に対して、体重を計った結果を聞いていみると、一回目と二回目とで違った時間帯に体重を計っているという方がいます。例えば、一回目は午前中に計ったけれども、二回目は仕事終わりの夜に計ったなどといったことです。

上でも少し触れましたが、体重は体のコンディションによっても変化します。なので、時間帯が前回計った時と違う時間であれば、体のコンディションも変わるわけなので、当然前とは違った結果になります。

なので、この体重の計り方も、自分の体脂肪が減っているのか知りたいというダイエットの観点から見れば、オススメはできません。

ダイエット中の体重計の有効活用の仕方

ダイエットデータ

では、ダイエットをする上で、体重計をどのように有効活用すれば良いのでしょうか。具体的な有効活用の仕方は以下の通りです。

体重の計測は1週間に1回

ダイエット中に体重計を有効活用するには、1週間ごとの体重測定がオススメです。これはズバリ、毎日体重を計るよりも1週間に一度のほうが、より正確な体重の変化を調べることができるからです。

さらに、この1週間に1回のペースにすることによって、今週はどのようにしていけばいいのか、次のプランを立てるのにも役立ちます。毎日体重計に乗って気分が浮き沈みすることもないので、メンタル的にもとてもオススメな計測方法ですね。

前回と出来るだけ同じコンディションであるようにする

体のコンディションによって、体重は変化してしまいます。なので、出来るだけ前回と同じ体のコンディションである時に計測するようにしましょう。

オススメは、朝起床してトイレが終わった後です。朝の状態は体内の水分量も比較的同じになりやすいので、この時間帯が体重を計るベストなタイミングと言えます。

最終的には見た目が全て

ダイエットは見た目

今回の記事では、ダイエット中の体重計の有効活用の仕方という観点で話を進めさせていただきましたが、ここで一つお伝えしておきたいことがあります。

それは、体重計で自分の体重を計り、数値的に自分の体脂肪がどれだけ減ったかを見るのも大切ですが、体重計の数字は、あくまで目安であって、ゴールではない。ということです。(体重計の数値に執着しすぎるというのも、残念な体重計の使い方です。)

誰しもが、最終的には引き締まったボディーを目指していると思います。ダイエットは体重にあまり執着せずに、見た目を重視していくのが一番。というのが僕の正直な意見です。

今回の体重計の有効活用の仕方も考慮しつつ、自分の理想のボディーを手に入れられるように頑張っていきましょう。