ダイエット中に有酸素運動はするべき?有酸素運動の活用方法

ダイエットをするなら有酸素運動をしろ!

こんな言葉を、耳が痛くなるほど聞いた経験があるのではないでしょうか?

僕も数年前までは、有酸素運動=ダイエットと考える程の有酸素運動信者でした。

ですが「有酸素運動はダイエットをするためだけにあるのか」と考えると、それは違いますよね。

ウォーミングアップであったり、健康を保つためなどにも行う運動です。

そこで今回は、ダイエットをする上で有酸素運動は本当に必要なのか、またダイエット中においての有酸素運動の活用方法について書いていきたいと思います。

有酸素運動の効果

足トレ

ダイエットをする上で有酸素運動が必要なのかどうかについて解説する前に、有酸素運動にどのような効果があるのかを見ていきたいと思います。

  • カロリーを消費、体脂肪の燃焼
  • 脈拍をあげる
  • 心肺機能の改善
  • 骨の強化
  • ストレスの発散

ざっと有酸素運動の効果について見てみると、上述のようなことが挙げられます。ダイエット目的で有酸素運動を行う方も多いかと思いますが、実は有酸素運動はそれら以外にも、健康面での効果が多かったりするんですね。

ダイエット中に有酸素運動は必ず必要ではない

爽快

有酸素運動の効果を知ったところで、本題の「ダイエットをする上で、本当に有酸素運動が必要なのかどうか」について考えていきたいと思います。

答えを最初に言ってしまうと、ダイエットをする上で有酸素運動は必ずしも必要ではありません。有酸素運動をしなくても、体脂肪を落として綺麗に痩せることは可能です。

では、なぜそのように言えるのか。

有酸素運動の効果である「カロリーを消費、体脂肪を燃焼させる」という効果が、ダイエットにつながると言えるのですが、ここで注意したいことがあります。それは、有酸素運動が直接的に体脂肪を燃焼させているわけではないということです。

有酸素運動を行うことで起こるカロリー消費によって、体脂肪が減少するわけなんですね。

体脂肪の減少は、1日の「消費カロリー(TDEE)>摂取カロリー」によって起こります。

人間の体は普段の生活の中で、寝ている間であってもカロリーを消費しています。なので、1日の摂取カロリーを消費カロリーよりも抑えられれば、有酸素運動をしなくても体脂肪は減っていくということですね。

これがダイエットをする上で有酸素運動は必ずしも必要ではないと言える理由です。

有酸素運動の消費カロリーは結構少ない

疲労

また、ここで知っておきたいのが有酸素運動のカロリーの消費量です。

例えば、体重60kgの男性がランニングを30分やったとしましょう。この時に消費するカロリーが約240kcalです。

体脂肪を1kg減らすには、約7200kcalのエネルギーを消費する必要があります。それを考えると、240kcalの消費エネルギーって結構少なく感じませんか?

まあ、毎日ランニングをすれば240×30=7200になるので、1kgの体脂肪を落とせますが、実際毎日30分ランニングって結構しんどくないですか?僕だったら、その240kcal分の食事を我慢して、有酸素運動の手間を省きます。

なので、僕はダイエット、減量をする上で、有酸素運動は殆ど行わず、日々の食事管理を徹底することに注力しています。実際にこの方法によって、ダイエットにも成功しています。(ダイエット結果が気になる方はこちらの記事を参照)

ダイエット中の有酸素運動の活用方法

栄養管理

食事管理だけで痩せることができるなら、有酸素運動は何のために行うの?と疑問に思ってくると思います。

そこで「ダイエットをする上で、有酸素運動はどのような活用をすればいいのか」について僕なりの考えを解説していきます。

前述した通り、有酸素運動のカロリー消費量は結構少ないので、有酸素運動だけでダイエットをしようとすると、かなりの労力を使いますし、効果が現れにくいです。(経験談)

そこで僕が意識しているのが、ダイエットは食事管理がメインで、有酸素運動はカロリー消費量の微調整という考え方です。

ダイエットをしていると、時々軽い間食をしてしまったり、ダイエット中なのに少し食べすぎてしまったことはありませんか?そんな時に、僕は普段の筋トレにプラスして有酸素運動を行います。

そうすることによって、1日の摂取カロリーが消費カロリーを上まらないように微調整するわけですね。(調整が効かないくらいオーバーカロリーしてはいけません。)

もちろん、毎日有酸素運動をしても苦ではないという方は、ダイエット中の摂取カロリーの基準値をあげてもいいと思います。

極端な言い方をすると、動きまくって(有酸素運動)痩せるか、動かず食事管理して痩せるかという感じですね。

このように、有酸素運動は1日の消費カロリーを調整するものと考えると、食事管理(カロリー計算)にも目が向きダイエットもうまくいきやすいです。食事8割、運動2割何て言葉がありますが、全くその通りです。

結局のところ、ダイエットは日頃の食事管理が重要になってくるということですね。

まとめ

ダイエットをするなら有酸素運動をしろ!

このような知識を植えつけられている方が結構多いですが、今回の記事のように、実はダイエットをする上で有酸素運動が必ずしも必要かというと、そうでもないんですね。

それよりも大切なのは、正しい食事管理とカロリー計算なんです。

これからダイエットを本気でやりたい!と考えている方は是非参考にしてみてくださいね。