有酸素運動のタイミング!脂肪燃焼に効果的な有酸素運動のタイミングとは?

有酸素運動のタイミング

今年も暑い季節がやってきましたね。

夏に向けて「これから体を絞っていこう」と考えてる方が増えてくる頃なのではないでしょうか?

体脂肪を燃焼させるのには様々な方法がありますが、トレーニングメニューに有酸素運動を取り入れるのも有効な方法です。

ただ脂肪燃焼を目的として有酸素運動を行うとなった時、心がけておきたいのが「有酸素運動を行うタイミング」です。せっかくなら効率よく体脂肪が燃焼できるタイミングで行いたいですよね。

そこで今回は「どのタイミングで有酸素運動を行うのが一番脂肪燃焼に効果的なのか」について解説していこうと思います。

有酸素運動が脂肪を燃やすメカニズム

筋肉疑問

有酸素運動のベストなタイミングについて説明していく前に、まずは有酸素運動を行うと、どのようなメカニズムで体脂肪を燃焼させていくのかを理解していく必要があります。

有酸素運動を行うとカロリーが消費され、このカロリー消費によって体脂肪が燃やされます。さらに細かい話をすると、このカロリー消費が起こる過程の中で、一番最初にエネルギー源として血中の糖質が使われていきます。

グリコーゲン(糖質)は体内の骨格筋や肝臓に貯蓄されていますが、これらが使用されて体内の糖質が少なくなった段階で脂肪もエネルギーとして使われるようになります。

脂肪燃焼を目的として有酸素運動を行う場合は、このグリコーゲンと脂肪燃焼がされるタイミングを心がけるようにしましょう。

有酸素運動を行うタイミング

インターバルチェック

有酸素運動が脂肪を燃やすメカニズムを理解した上で、考えられる脂肪燃焼効果が高いとされる有酸素運動のタイミングは、体内の糖質濃度が低い状態の段階です。

そのタイミングを考えると、以下のタイミングが脂肪燃焼を目的として有酸素運動を行うのに効果的と言えます。

  • 筋トレ後
  • 起床後などの空腹時

これらの有酸素運動を行うタイミングが、どのような理由から脂肪燃焼に効果的とされているのか見ていきたいと思います。

筋トレ後

ウエイテッドディップス

僕が減量期に有酸素運動を行う際には、筋トレ後のタイミングで行っています。

なぜ筋トレ後が脂肪燃焼に有効なのかというと、筋トレを行うことによってエネルギー源である血中のグリコーゲンが使用されるからです。

筋トレによって体内のグリコーゲンが使用され、有酸素運動を行った時にスムーズに体脂肪をエネルギーとして使われるフェーズに入りやすいということですね。

中には筋トレ前に有酸素運動を行うトレーニーの方もいますが、あれは主にウォーミングアップなどをメインとしているので、脂肪燃焼を目的としている場合は、筋トレ後に有酸素運動を持ってくることをオススメします。

また筋肉作りをメインとして考えているのであれば、筋トレで一番のパフォーマンスを発揮しなくてはいけません。筋トレ前の有酸素運動でバテてしまって、筋トレのパフォーマンスが落ちては本末転倒です。そういう意味でも筋トレ後に有酸素運動を行うのはオススメです。

起床後の空腹時

起床

ボクサーや有名なボディービルダー選手は、よく早朝などに軽いカーディオトレーニングを行います。この方法は理にかなった有酸素運動の取り入れ方で、効率よく脂肪燃焼につなげることができます。

なぜなら、起床時の段階は体内の糖質がなくなっている状態だからです。この状態から有酸素運動を行うことによって、すぐに脂肪をエネルギーとして使う脂肪燃焼モードに入りやすいということですね。

また早朝の段階で有酸素運動を行うことによって、体の脈拍、血流、体温の働きが活発になります。これによって1日の早い段階から体を活発な状態を作り、結果的に代謝を10%も上昇させると言われています。

一日中代謝が高い体をキープすることによって、脂肪燃焼しやすい体を作るようなイメージですね。

デメリットは早朝に行わなくてはいけないということです。早朝は朝の通勤などでなかなか時間が取れない方が多いとおもいます。ただ習慣づけることができたらベストなタイミングと言えます。

食事管理は忘れずに行う

体脂肪を効率よく燃やすために有酸素運動のタイミングを考えることは大切なことではありますが、注意したいことがあります。

それは体脂肪を減らしていくのには食事管理も忘れずに行うということです。

有酸素運動を行いカロリーを消費することによって体脂肪燃焼につなげます。つまり食事管理を適当に行っていては有酸素運動をいかにやろうとも効果が全くないということですね。

減量期の摂取カロリーとマクロ栄養素の計算方法についてはコチラの記事を参照してください。

有酸素運動中に使いたい燃焼系サプリメント

プロテイントップ

脂肪燃焼を目的として有酸素運動を行う場合に、有効活用したいのが脂肪燃焼系のサプリメントです。

実際にボディービルダーなどは、減量末期であったり、停滞期を迎えた時などにサプリメントを活用するなどして、さらに脂肪燃焼に拍車をかけます

今回は、脂肪燃焼系サプリの中でも有酸素運動中に摂取することによって効果が発揮できるものを紹介していきたいと思います。

ファインラボのファイナルバーン

ファインラボのファイナルバーンは燃焼系のサプリでとても効果が高いとされています。ファイナルバーンを摂取してから有酸素運動を行うといつも以上に体が熱くなり、汗もよく出ます。まさに燃焼されているなという感じです。

ファインラボのファイナルバーンについての詳細を知りたい場合は、コチラの記事を参照してください。

HALEOのイグナイト

HALEOのイグナイトはコストこそかかるものの、脂肪燃焼に有効な成分が豊富に含まれている燃焼系サプリメントです。コストが多少高くなっても高品質で効果が高いものを試したいというあたはHALEOのイグナイトが一番オススメです。

HALEOのイグナイトについての詳細を知りたい場合は、コチラの記事を参照してください。

CLA

CLA中性脂肪の分解に大きな役割を果たします。

直接的に脂肪燃焼につながるサプリメントではないですが、脂肪を中性脂肪を分解し、エネルギーとして使われる段階に持って行ってくれます。

トレーナーの中ではCLAは有効な減量期のサプリメントとして活用されています。

CLAの効果などについての詳細はコチラの記事を参照してください。

L-カルニチン

L-カルニチンは遊離脂肪酸(分解され血中に放出された脂肪酸)を脂肪酸の焼却炉であるミトコンドリアまで運んでくれる役割を果たします。

L-カルニチンを飲むことによって、効率よく脂肪酸をエネルギーとして使えるようにしてくれるので、有酸素運動と合わせて使うととても効果が得られやすいサプリメントです。

L-カルニチンの効果などについての詳細はコチラの記事を参照してください。

まとめ

今回は「脂肪燃焼の効果を目的とした有酸素運動のタイミング」について解説しました。最近の研究結果では、そこまで有酸素運動のタイミングに拘らなくても脂肪は燃焼されるということも言われたりしています。

ただボディービルダーやプロのアスリートは、実際に今回紹介したようなタイミングで有酸素運動を行っていたりします。

これは、それだけ効果があるという裏付けとも言えるのではないでしょうか?

脂肪をできるだけ効率よく燃やしていきたいと考えている方であれば、実践してみる価値はあります!