バーンマシンの効果が凄い!上半身に効果的な筋トレ器具

バーンマシン

最近、自宅で気軽に使える筋トレ器具が流行してきています。アブローラーであったり、プッシュアップバーはその代表例ですよね。

あなたはバーンマシンという筋トレ器具をご存知ですか?

バーンマシンも同じく、自宅で気軽に使うことができる筋トレ器具なんです。

実際に買って使ってみたところ、簡単な運動なのですが、物凄い運動量と共にかなりのパンプを得ることができました。

今回は、そのバーンマシンの効果と使い方についてご紹介していきたいと思います。

バーンマシンとは

バーンマシンとは、筋トレの先進国であるアメリカで開発された筋トレ器具です。

筋トレを行うトレーニーはもちろん、メジャーリーガーやボクサーなどのアスリートの業界でも知名度は高く、筋肉強化のためにトレーニング器具としてよく取り入れられています。

リングの中にあるグリップを握り、クルクルと回してトレーニングを行うのですが、その動きがスピードバッグに似ていることから、バーンマシンスピードバッグという名前もあります。

そんなバーンマシンですが、幾つかの種類があります。今回紹介するのは、バーンマシンスピードバックという、バーンマシンの初期モデルかつベストセラーの器具ですね。(その他のシリーズについては後に記載しています。)

効果が半端じゃない、バーンマシンの凄さ

筋肉肉体

多くのトレーニーやアスリートに愛用されているバーンマシンですが、その効果が半端じゃないんです。なんと、腕立て伏せの7倍にも相当すると言われています!

バーンマシンは体の上半身を中心に鍛え上げることができます。主に上腕二頭筋、肩、胸、背中、体幹などが挙げられますね。

グリップを握って、クルクルと回すだけなので、一見腕や肩だけにしか効かないような気がします。ただ、バーンマシンは重さ5,5kgの重量もあるので、それを支えるように全身を使って運動を行うと、胸、背中、体幹に効いてくるわけなんですね。

また、グリップの持ち方を工夫することによって、前腕筋群に効かせたりすることも可能です。

筋力のほか、持久力アップにも

筋力アップ以外にも、その高強度なトレーニングが、あなたの持久力向上にも役立てることができます。

ボクシングのスピードバッグと同じように、同じ運動を繰り返すその動作は、持久力が必要となってくるんですね。

5,5kgの負荷と、スピードバッグのような持久力を必要とされる運動が合わさっているので、筋力と持久力を同時に鍛えていくことができる、最高のトレーニング器具なんです。

バーンマシンの基本的な使い方

バーンマシン

それでは、バーンマシンの基本的な使い方について解説していきます。

使い方はとってもシンプルで、写真のようにリングの中にあるグリップを握って構えます。

バーンマシン使い方

そこから「うぉらぁぁぁぁ!」という気持ちと共に、全力でバーンマシンを回転させてください。

回転させているだけで、上腕二頭筋と肩には十分な負荷がかかるでしょう。

そして、この回転させる位置を、上部、中央、下部、などの様々な位置で行うことによって、負荷をかける部位を変えることができます。

上部で回転させることによって、肩。胸から離すことによって、胸。下部で回転させることによって、背中や体幹に負荷を強くかけられます。

下部でやるときは、背筋に意識が行くように、出尻の姿勢をとって、引く動作を意識しながら行うと効果的でしょう。

バーンマシン使い方

次に握り方を変えた使い方です。写真のように、バーンマシンを前に突き出すようにしてグリップを握りましょう。

バーンマシン使い方

この状態から、グリップ部分を左右に回転させれば、上腕筋群に負荷を与えることができます。

バーンマシン説明

個人的には、その2つの使い方が強度的には効果的だなと思いましたが、他にも使い方は沢山あります。

バーンマシンを買うと様々な運動方法が載った一覧表が付いています。これを見ながら、腹筋や足、上腕二頭筋などのトレーニングにも活用してみてください。

また、DVDも付属しており、トレーナーと一緒にエクササイズできるようにもなっていました。トレーニングが続かないという人は、こう言ったDVDを併用してみるのもいいかもしれませんね。

HIITを取り入れる

バーンマシンでトレーニングをする場合、オススメしたいのがHIITを取り入れたトレーニングです。

HIITを取り入れて行うことによって、筋肉量の増加と持久力の向上、脂肪燃焼の効果をより高く見込めるでしょう。

バーンマシンのシリーズ

今回紹介したのは、バーンマシンの中でも初期モデルとなっています。

初期だから悪いというわけではないのですが(現にベストセラーは初代モデル)他のシリーズになると、重量コントロールができたり、回転強度を変えたりと、その人にあった強度を選べるようになっているんですね。

最後に、そのバーンマシンシリーズを紹介していきたいと思います。

バーンマシン2

初期のバーンマシンの次に出た、バーンマシン2。バーンマシンスピードバッグにレジスタンスという回転強度を高める機能と、重量の調節ができるようになったタイプです。

重量は、ウエイトをつけた最大の重さで3,7kgと初期のバーンマシンと比べて軽め。筋トレ初級〜中級の方に扱いやすいバーンマシンとなっている。グリップもラバー製となっており、汗をかいても滑りにくい工夫が施されていますね。

バーンマシン ゴールドラグジュアリー

バーンマシンの最終系と言えるのが、こちらのバーンマシンゴールドラグジュアリーです。

ついている機能は、バーンマシン2と同じになるのですが、本体重量がバーンマシンスピードバック1と同じ5,5kgになっています。また、そこからプレートを使って重量を足せるので、最大6,38kgになります。

こちらは、完全に筋トレ上級者向けで、更なる強度でバーンマシンを使いたい方にオススメですね。

スマートバーンマシン

スマートバーンマシンは、重量が重すぎるという方向けのバーンマシン。重さが1,8kgとなっており「初期モデルなどでは重すぎる」という方にも扱いやすいバーンマシンとなっています。

女性の方や、筋トレ初心者の方は、まずはここからスタートした方がいいでしょう。

まとめ

バーンマシンの、コンパクト且つシンプルな使い方からは想像のできない、運動量とその効果は理解伝わったでしょうか?

世界中のアスリート達が愛用するトレーニング器具なので、その信頼感も手堅いですね。

バーンマシンを使ったことがない人は、今までとは違った新しい負荷を与えてみませんか?

また、バーンマシンは高強度な運動な為、運動の前や体を徹底的に追い込んだ後は、プロテインBCAAなどの栄養補給も欠かさずに行いましょう。