腹筋ローラーのおすすめ6選と選び方!バキバキの腹筋を手に入れるなら、腹筋ローラー!

筋トレを行っている方であれば、誰もが憧れる割れた腹筋シックスパック!

正直ある程度の筋肉があれば体脂肪を落とせば、誰でも腹筋は浮き出てくるものです。

ただ、より美しい浮き上がった腹筋を手に入れたいという方は、腹筋の筋トレメニューもしっかり考える必要があります。

浮き上がるほどの大きな腹筋を手に入れるには、基礎的な腹筋運動(シットアップ)だけでは効果が薄いです。

そんな時に重宝したい筋トレ器具が腹筋ローラーです。

今回は、これから腹筋ローラーを買ってみようと考えている方に、腹筋ローラーを選ぶときのポイントとおすすめの腹筋ローラー6種類を紹介していきたいと思います。

腹筋ローラーを選ぶときのポイント

筋肉疑問

今となっては、腹筋の筋トレをするなら腹筋ローラーが効果的!という情報がかなり定着してきて、多くの方が腹筋ローラーに手を出すようになりました。

しかしながら、いろいろな腹筋ローラーが売られているので、これから腹筋ローラーを買おうとしている方は、どの腹筋ローラーが良いのか困っているのではないでしょうか?

そんなあなたに、腹筋ローラーを選ぶときのポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

タイヤの直径

腹筋ローラーを選ぶ時に、一番気にしたほうが良いのがタイヤの直径です。なぜ一番気にしたほうが良いかというと、このタイヤの直径が負荷の強弱に直結するからです。

腹筋への負荷は、体を伸ばした時に体が地面に近ければ近いほど上がっていきます。これはつまり、腹筋ローラーのタイヤの直径が小さければ負荷が上がっていきますし、直径が大きければ負荷が下がっていきます。

なので、上級者であれば直径の小さいものを選ぶのが良いですし、初心者であれば直径の大きいものを選ぶのが良いということですね。

グリップ

腹筋ローラーをやっていると、結構な重さが手の平にのしかかります。なので、グリップの握り心地というのも腹筋運動に集中するという点では非常に重要なポイントとなってきます。

スポンジのようなタイプや、ラバーのタイプなど様々なものがありますので、自分が握りやすそうなものを選ぶと良いでしょう。

買った腹筋ローラーがプラスチックのようなグリップで手が痛いという方は、トレーニンググローブなどを活用すると改善されます。

安定感

腹筋ローラーの初心者の方によくありがちなのが、安定感をとることができないということ。左右に動きがブレてしまい、腹筋に上手く効かせられないパターンですね。

そういった心配がある方は腹筋ローラーの安定感も気にしたほうが良いでしょう。

タイヤが太かったり、二輪、三輪タイプのように複数のタイヤが付いているものは比較的安定感がよく、初心者の方におすすめです。特に三輪タイプは全くブレる心配はありませんw

ただ、個人的には体感を同時に鍛えるという点では、細い一輪タイプを敢えて選ぶのもありかなと思います。

ストッパー

腹筋ローラーのストッパーは、体を伸ばしきった状態の時にそれ以上ローラーが前に進まないようにするためのものです。ストッパーの有無は正直言って賛否両論あります。

誤ってストッパーを作動させてしまうこともあるので邪魔という方もいれば、サポーターになるので便利という方もいます。

ただ、個人的な意見としては、邪魔派ですねw

また、ストッパーでサポートしてしまうと、戻るときの動作で助走をつけがちになります。当然のことながら、助走をつけると効果は半減してしまいますね。

初心者の方であれば、ストッパーは必要なものかもしれませんが、ある程度腹筋を鍛えてきたという方は、無しのものを敢えて選ぶというのもありかもしれません。(物によっては着脱可能)

セット内容

腹筋ローラーのものによっては、マット付きのものもあります。

マット無しでも腹筋ローラーを使うことはできますが、床を傷つけてしまったり、人によっては膝を痛めてしまったり、といったようなリスクが考えられます。なので、できればマットなどが付属しているものが良いでしょう。

時々膝マットだけ付属しているタイプもありますが、それだけだと床の傷対策には不十分なので、他にヨガマットなどを買い足すのがおすすめです。

腹筋ローラーのおすすめ6選

以上の腹筋ローラーの選ぶときのポイントを抑えたところで、具体的にどういった腹筋ローラーがおすすめなのかを見ていきましょう。

今回は数ある腹筋ローラーの中から、特におすすめと言える6種類の腹筋ローラーを紹介していきたいと思います。

定番の腹筋ローラー

一番最初におすすめしたいのが、こちらのザ・スタンダードとも言えるような一般的な腹筋ローラーw

シンテックスというメーカーから発売されている腹筋ローラーですが、何といっても値段が安いw

値段の割に作りも決して悪くはなく、腹筋ローラーとしての必要最低限の条件をしっかりと満たしてくれています。

特に腹筋ローラーへの拘りはなく、とにかく欲しい!トライしてみたい!という方には最高の商品になっています。

初心者におすすめの三輪型腹筋ローラー

一般的な一輪タイプの腹筋ローラーとは違い三輪タイプとなっているのがこちらの腹筋ローラーです。

三輪であることの効果としては、安定感を得られるということですね。

一輪の腹筋ローラーだと上手く安定させることができず動きが左右にブレてしまい、腹筋にうまく効かせることができないことがあります。初心者の方なんかに多いですね。

こちらの三輪タイプの腹筋ローラーを使うことによって、一定の安定感を得ることができるので腹筋運動に集中することができます。

「腹筋ローラー買ってみたけど全然できない!」「腹筋ローラーやってみたいけど、難しそう、挫折しそう!」などといった初心者の方は、こちらのような三輪タイプの腹筋ローラーがおすすめです!

腹筋の筋力に自信がない方におすすめの腹筋ローラー

今まで腹筋をまともに鍛えたことがなかった方などは、腹筋ローラーの動作1回(1レップ)やるだけでも凄く大変だったりします。伸ばすのはできるけど、そこから戻ることができないというケースもあります。

そんな時に役立つのが、こちらの腹筋ローラーのようにアシスト機能が付いたタイプです。腹筋ローラーの中にスプリングが内蔵されており、体を起こす戻す時の動作で体をアシストしてくれるので、筋力に自信がない方でもしっかりと腹筋を追い込めます!

カウンター付きの腹筋ローラー

こちらはカウンターが腹筋ローラーに内蔵されています。カウンターで何レップ行ったのか計算できるので、腹筋運動に集中しやすいです。

また、カウンターがあると、モチベーションも保ちやすいということもありますねw

カウンターは時間、回数、カロリーなどが計算されるので、ダイエット目的などで腹筋ローラーを買うか方には最適です。ただ、値段が他の腹筋ローラーと比較して高いというのがデメリット。

普通の腹筋ローラーに飽きてしまった上級者向け腹筋ローラー

こちらの腹筋ローラーが他の腹筋ローラーと比較して大きく違う点は、左右のハンドルが独立して2つになっているということ。

この独立したハンドルによって、本来の前後に動かす腹筋運動以外に、腕を横に開くようにして使えば、大胸筋や三角筋などに効かせる筋トレを行うことができます。非常に応用力に優れた腹筋ローラーですね。

タイヤの直径も小さく負荷を高くすることができるので、普通の腹筋ローラーでは満足できない上級者向けのタイプとなっています。

足に装着し最大限に筋収縮する腹筋ローラー

こちらの腹筋ローラーは一般的な腹筋ローラーとしての使い方の他に、足に装着して使用することができる特徴を持っています。

足に装着して使うことによって、より下腹部などの筋収縮を意識しながら腹筋運動を行うことができます。また、それ以外にも、足に装着して仰向けになって使えば、腰やお尻の筋トレにも活用できるようになっています。

他の腹筋ローラーと比較すると圧倒的に値段は高いですが、足にも装着できるというのは、腹筋をより全体的に鍛えるという点で、かなりメリットと言えるでしょう。

まとめ

腹筋ローラーはいろいろな種類がありますが、腹筋ローラーであれば正直どれも腹筋(シットアップ)よりは確実に腹筋を追い込めますw

これから腹筋を本格的に鍛えていこうと考えている方や、これから腹筋ローラーを買おうと考えている方などは、今回の記事を参考にして是非検討してみてくださいね!