筋肉痛で筋トレは続けるべき?控えるべき?

筋肉痛

筋トレを始めると、まず最初にやってくる壁。それは、筋肉痛ではないでしょうか?

張り切って追い込んで筋肉痛になると、もう痛くて痛くて、動くのが大変になりますよねw

筋トレをしている人の中には、単純に「体力をつけたい」という方もいると思いますが、多くの方が「筋肉を肥大させたい!大きくした!」という思いでやっていると思います。

そんなあなたに、知っておいてもらいたいのが、筋肉痛の知識です。むやみに筋トレをしすぎても、筋トレの効果は見込めません。

そのためにも、筋肉痛のときはどうすればいいのか、しっかりと知識を身につけましょう。

筋肉痛とは

まず、根本的なところの「筋肉痛とは、どういう現象なのか」ということについて。

筋肉痛とは、負荷を与えることによって傷ついた筋繊維が、修復されるときに生じる痛みとされています。

諸説ありますが、この考え方が一般的です。

この筋繊維が修復されるときに、元あった筋肉の量よりも、さらに多くの筋繊維が修復される現象を「超回復」と言います。

筋トレを行って筋肉を大きくさせるには、この「超回復」をいかに効率良く回せるかがポイントになるわけなのです。

筋肉痛になったら、筋トレは休みましょう

それでは、本題の筋肉痛になったら、筋トレは続けるべきなのか、控えるべきなのか。ということに関して解説いていきます。

最初に答えを言ってしまいます。ズバリ、筋肉痛のときは、筋トレは控えて休養をとることです。

なぜかというと、前述した「超回復」をしっかりと起こさないと、筋肉は肥大していかないからです。

筋肉痛で筋繊維が傷ついた状態で、さらに負荷を加えて筋トレを行っても意味がありません。傷ついた筋繊維がいつになっても回復しないので、極端な話、いつになっても大きくなりません。

また、筋肉痛のときに筋トレを行っても、痛みがあるためフォームが崩れてしまい、しっかりと筋肉に負荷が与えられなかったりもしますし、怪我をしてしまうリスクもあるので、休養をとりましょう。

休養の目安は、痛みが治るまで

休む期間は、筋肉痛が治るまでがいいのですが、個人差があります。

超回復の効果を見込みたければ、完全に筋肉痛が治るまで、休んだほうがいいと言われています。

筋肉痛が治るのを待つと、だいたい2〜3日くらいになりますね。

部位を分けて、筋肉痛でないところを筋トレしよう

では、なぜビルダーは毎日のように筋トレを行っているのか、わかりますか?

それは、筋トレを行う部位を、毎日変えているからなのです。

1日目は、胸と肩

2日目は、背中と足

3日目は、腹筋

この例は相当アバウトな形になってしまいましたが、部位ごとに分けて筋トレを行うことによって、3日目の部位の筋トレが終わる頃に、1日目の部位が回復している。というローテーションがくれるようになるわけなのです。

なので、自分の中で筋トレのスケジュールを組み、今日はどの部位を鍛える!ということを決めてから行うことをオススメします。

まとめ

筋繊維回復

とにかく筋肉を大きくしたい、という気持ちが先立ってしまうと、無理をしてしまいがちです。

筋肉は1日で大きくはならず、日々の習慣によって大きくなっていくものです。

休むべき時には、しっかりとした休養と栄養補給をしていきましょう。

それが、超回復へとつながり、以前に増した筋肥大につながることでしょう。