ホームジムをオススメしたい理由。ホームジムのメリットとデメリット。

ホームジム

筋トレを本格的に取り組むなら、スポーツジムに通わなくてはいけないと思っていませんか?

そんなことはありません。

そうです。自宅にジムを作ってしまえばいいんです。いわゆるホームジムってやつですね。

ホームジムを作ってしまえば自宅でも筋トレを本格的にできるので、スポーツジムに通えない方にはとてもオススメです!

中にはホームジムをしようか迷っている方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな方に向けて、実際にホームジムをやってみて思うメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

ホームジムのメリット

今現在僕はスポーツジムで筋トレを行っていますが、その前までは長いことホームトレーニーでした。

スポーツジムに通っている今でも、時々自宅のホームジムで筋トレを行っています。

ホームジムは予算とスペースさえあれば結構メリットが多いんです!

ホームジムは経済的!

スポーツジムに通うと必ずと言って良いほど発生してくるのが会員費です。値段はピンキリですが、スポーツジムに通い続けた分だけ費用がかかってきてしまいます

その点、ホームジムは最初の設備費用はかかるものの自宅に一度作ってしまえば、それ以降は費用がかかりません

だいたい5万円~10万円がホームジムの費用にかかるとしても、スポーツジムによっては月額5000~1万円するところもあるので、1年使えれば元が取れてきますね。

ホームジムは圧倒的に経済的です!

ちなみに、ベンチプレス台などのセットは1~5万円ほどかかります。値段の差は器具のクオリティーに直結します。

1万円台だと上記のような形で、セーフティーバーがついておらずウエイトも必要最低限となっており、人によっては買い足しが必要かもしれません。

5万円台になると上記のように、セーフティーバーとウエイトもセットになっているタイプです。これになるとプレートが多くついているので、最大100キロクラスまでのウエイトを扱えるようになります。

また、セーフティーバーもついているので、初心者の方であっても安心して扱えますね。

人目を気にしないで追い込める、集中できる

腕立て伏せ可動域

個人的にはこれが一番のメリット。

スポーツジムだと人によっては、どうしても他人の目が気になるという方がいます

他の人と同じ場所で筋トレを行うので周りの目が気になったり自分の使いたい器具が使われていたりするのは避けて通れません。

それがホームジムであれば自分だけのスペースなので、本気で追い込めます。僕なんかは暑くなったら上裸で筋トレを行っていましたw(スポーツジムだと基本は禁止)

自分のペースで筋トレをやりたいという方は、ホームジムが圧倒的にオススメです

好きなタイミングで筋トレができる

スポーツジムだと閉店時間や移動時間などがあるので、どうしてもタイミングの点で筋トレのやる気がなくなったりしてしまいます

ホームジムであれば、自宅にジムがあるわけなので時間を気にすることなく好きなタイミングで筋トレを行えます。これは大きなメリットですね!

ジムに行くまでの準備や、着替え、移動時間を考える必要がないので、筋トレへのモチベーションが保ちやすいです!

また、ある程度のお金を使って器具を自宅に買ったわけなので、筋トレをやらなきゃ!という気持ちにもなりますw

筋トレの知識が身につく

筋肉疑問

これはデメリットとしても捉えられるかもしれませんが、ホームジムとなると筋トレを教えてくれる人がいません。なので筋トレのやり方等は自分で積極的に調べるしかないんですね。

逆に、自分から筋トレについて調べたりするので、筋トレオタクになってくるかもしれませんw

ホームジムだと基本的にはダンベルやバーベルのようなフリーウエイトや、自重等のトレーニングがメインになります。

フリーウエイトの知識をしっかり身につけると、どの筋肉にどのように効かせるのかという知識がしっかりと身についてきます。

筋トレにおいてこの感覚を覚える事が一番重要なので、それを自宅で試行錯誤しながら覚えられるという点では物凄くいいことですね。

ホームジムのデメリット

ホームジムのメリットをざっと挙げていきましたが、当然のことながらホームジムは完璧なものではなくデメリットもあります

これを加味した上で、ホームジムを検討するようにしましょう。

初期費用が必要

長続きすれば逆に経済的なのでメリットにもなりますが、最初はどうしてもお金がかかります。僕はだいたい7~8万円ぐらいかかりました。これはどれくらいのクオリティーを求めるかによりますね。

スペースが必要

ベンチプレス台

これはホームジムを作るのであれば必要不可欠ですね。スペースがなくては器具がおけないので話になりません。

これも、どれくらいのクオリティーを求めるかにもよりますが、上の写真のようにバーベルなどを使ってベンチプレス等を行うのであれば最低4畳くらいは必要です。(僕は6畳の部屋に作りました。)

音の対策が必要

これはマンション等の集合住宅の場合ですが、隣人の迷惑にならないように音の配慮が必要ということです。

スポーツジムなどであれば、オールアウトした時などにウエイトを落としてしまっても問題ないですが(ダンベル等)、集合住宅などの家の場合は事情が違います。

大きな音を立てないように、ゆっくりウエイトを元の場所に戻しますw

逆にネガティブの動きを意識できるというところではメリットだったりするかもしれませんw良いんだか悪いんだかw

ちなみに、僕はマンションの家でホームジムを作りましたが、2年ほど使っても未だに苦情はきていません。

安定感がない

これは重い重量を扱うと感じることかもしれませんが、家庭用に使うような安い筋トレ器具は安定感にかけます。この点はスポーツジムには劣ります。(100キロ未満であれば全然心配はいりません)

安定感を求めるということでは、上のようなパワーラックが必要になってきます。ただ、これを使うとなると予算とより大きなスペースが必要になってきます。

フォーム等を教えてくれる人がいない

筋トレ挫折

これは初心者に言えることかもしれませんが、筋トレを行うフォームなどが全く分からなかったりすると最初は苦労するかもしれません。試行錯誤して努力する必要があります。

ただ、最近だとYoutubeなどで分かりやすく筋トレのフォームを解説してくれている動画が沢山あるので、ここは努力次第でクリアできると思います。

自分のフォームを確認するためにも、姿見の鏡を用意した方が良いかもしれませんね。もちろん、大きければ大きいほど良いです。

まとめ スペースがあるならホームジムを検討しよう!

ホームジムは経済的で、人目を気にせずに筋トレが行えるので、筋トレの内容も一層濃くなります!

これから筋トレを本格的に始めてみようと考えている方も、スペースと予算があるのであれば、ホームジムを検討してみてはいかがですか?

僕は今現在スポーツジムに通っていますが、雨の日や仕事の帰りが遅くなった日などは、ジムに行かずホームジムを活用していますw

スポーツジムとの併用という点でも便利なので、作ろうか迷っているという方も、これを機にぜひ検討してみてください!